TEAM-3Cとは

TEAM-3Cは、医療・看護・介護 管理職のマネジメント能力開発に特化した専門集団です


TEAM-3Cは、医療・看護・介護 管理職のマネジメント能力開発に特化した専門集団です。

慢性的な人手不足が常態化している医療・看護・介護の職場で「退職者をゼロレベルまで減らす」ことを目標とする経営者・管理職を育成すること。それがわたしたちの使命だと考えます。

それを実現するために、次の3つの柱でマネジメント能力開発を実施します。

Coaching・Conference・Consultation、これら3つの「C」に関しての専門家が集まり、医療・看護・介護 管理職のマネジメント能力開発に特化した教育を提供するためにチームを作りました。それが「TEAM-3C」です。

コーチング(Coaching)

部下や後輩の自発性を引き出しパフォーマンスを高めるための有力なコミュニケーションです。
「教え込む人」から「引き出す人」に変容させることで、部下や後輩の育成に効果を発揮します。それだけでなく、この方法はプライベートにおいても役に立ちます。
患者さんとの医療面接、スタッフとの目標面談の場ではもちろん、日常にも使えるスキルです。

会議のファシリテーション(Conference)

問題への対処なのか。それとも課題への解決なのか。
ファシリテーター(司会者)の言葉づかいや問いかけは、大きく方向性を変えることが可能です。前向きで明るい雰囲気の会議は、生産的で組織のPDCAサイクルを更に良好な軌道に向かわせます。

さらにプレゼンテーション(スピーチ)能力が向上すると周囲に大きなインパクトや集中力、モチベーションアップをもたらすことができます。

コンサルティング(Consultation)

組織文化や人間関係の成長速度を上げるには、より客観的な視野・視点が有効です。
組織の理念を大切にし、みなさんそれぞれの真の想いを引き出し、働くみなさん全員の満足度を患者さま、利用者さまの満足度へと繋げます。