講座・セミナー

TEAM-3C主催のセミナーです。是非ご参加ください。

開催日 2018年9月30日(日)
開始時間 10:00〜17:00(受付開始:9:30)
※セミナーの進行状況により、多少前後する場合があります
会場 三宮コンベンションセンター【scc】506
神戸市中央区磯辺通2-2-10
対象 ともに暮らすことが苦痛になってきたカップル
参加費 1カップルにつき
早割:20,000円
一般:30,000円
講師 梁勝則(医療法人社団林山朝日診療所理事長)
宇野さつき(地域緩和ケアサポート すばる代表)
申込み方法 準備中

セミナー内容

準備中

講師プロフィール


梁 勝則(りょう かつのり)

TEAM-3C代表
BNLPトレーナー、NLPプロコーチ、アンガーマネジメントファシリテーター、アンガーマネジメント診断ファシリテーター、タイムラインセラピープラクティショナー、(社)話し方上達協会第一期トレーナー
医療法人社団林山朝日診療所 理事長
有限会社ながた介護代表取締役

1955年生。1980年群馬大学医学部卒。緩和医療、認知症医療・コミュニケーション、糖尿病治療(糖質制限)に熱心な総合内科医。
緩和医療特化型有床診療所や認知症特化型サービス付き高齢者専用賃貸住宅など、常識想定外の事業を展開するコンサル泣かせの事業家。そして、それらの事業が地域の役に立っている代償に経営危機を幾度も経験し、「骨太の人生・借金の多寡が社会的信用力」とうそぶいている。

現在は、医療法人、介護会社のCEOとして160名超の職員を率いる。
元来典型的な独断専行型リーダーであったが、あまりに職員に嫌われ、疎んじられることを猛省し、50歳を過ぎて企業マネジメント、コーチング、会議のスキル、アドラー心理学、プレゼンテーションスキル、ICTを学んでいる。
2015年度は年間退職率7%以下の医療介護現場を達成。
趣味は読書、旅行、様々なピノノアールを味わうこと。
モットーは「明日死ぬかのように今日を生きよ、人生が永遠に続くかのように日々学べ(ガンジー)」

得意とする講演・ワークショップ(全て土日・祝日のみお受けできます)
 プレゼンテーションスキル(オープニング、クロージング、プレゼンテーションベーシック)
 退職予防講座(アドラー心理学の職場応用による定着率向上講座)
 ICTワークショップ(人と組織が変化できない心理構造を発見し、変化の第一歩を歩む)
 アンガーマネジメント入門講座&アンガーマネジメント診断講座
 社内コーチ養成講座
 一年間の目標を定め、実行計画を練るキックオフミーティング
 認知症の方とのコミュニケーション講座(バリデーションとユマニチュードの統合)
 講師料:3万円/1時間~、全て2~6時間のコースです
 個人コーチング(原則18時以降、面談もしくはmessengerテレビ)
 エグゼクティブコーチング(経費処理可能なクライアント)
 2万円/1時間(初回お試し5千円/45分)
 通常コーチング(個人のポケットマネーで支払う領収書不要の方)
 1万円/1時間(初回お試し2千円/45分)



宇野さつき(うの さつき)

医療法人社団 新国内科医院 看護師長
地域緩和ケアサポートすばる 代表
全米NLP協会・日本NLP協会公認NLPプラクティショナー、LABプロファイル プラクティショナー

大阪生まれ。1990年千葉大学看護学部卒業後、がん専門病院や市民病院などの病棟・外来での勤務や大学教員経験を経て、2005年兵庫県立大学大学院修士課程を修了後、2006年がん看護専門看護師(OCNS)の認定をうける。
欧米のOCNSの活動を参考に、当時、日本では数少ない地域医療をベースにした専門看護師としての活動を開始する。
当初は訪問看護の経験も浅く、管理職としても不慣れな上、専門看護師としてのアイデンティティを模索している状況の中で、周囲とのコミュニケーションがうまく図れなかったり、院内外での協働や連携がぎくしゃくしたり、役割や活動への理解が得られないことも多かった。

また3人の子育てをしながら、義父の介護・看取りも重なり、ストレスと過労で体調を崩してしまうことも度々あった。その中で周囲の支えと、同じ志をもつ先輩たちや仲間たちと出会いや、NLPやコーチング、瞑想法などの学びを積極的に取り入れていくことで、コミュニケーションや自分のあり方を見つめ直しながら、本来の目標を見失わずに活動していくことができた。
現在、在宅療養支援診療所の看護管理職として、現場での実践を大切に、スタッフとともに取り組む傍ら、地域医療・ケアの質向上に向けて、医療・介護関係者をはじめ様々な職種とも協働し、教育やコンサルテーション、コーディネーション、研究などに取り組んでいる。
また国内では、がん看護、緩和ケア、在宅医療などの分野で幅広く活動し、専門書や専門雑誌への執筆も多数あり。海外も含めた幅広いネットワークを活かし、「誰もががんになっても高齢になっても、安心してその人らしく暮らせる街づくり」を目指す。



講座・セミナー